2013年09月02日

老後の生活にあれば安心、なければ不安をもたらす物とは?

。♪..:.*..海外でネットワークビジネス大成功..*☆゜..・。

老後に安泰に暮らせる自身のある方はお読みになる必要はありませんが、

もしそうでないなら

この場で是非お考え頂きたく思います。

老後に収入を得る方法として
いったい何があるでしょうか?


心身の老化に伴い
労働収入が得られなくなった時の為に
年金制度がありますが、
現在の状況から判断すると、
定年後に年金だけで生活するのは
難しいと言われています。

近年
益々深刻化している少子化問題に加えて、
年金への不振がその原因と言えるでしょう。

老後の生活に
あれば安心、なければ不安をもたらすものは、
「労働収入」ではなく「不労収入」です。


不労収入とは、
印税のように労働せずに得られる収入の事です。


一生元気で働ければいいのですが、
体を壊したり、
そろそろゆとりある生活をしたいと思った時に、
この不労収入があるのとないのとでは
その差に大きな違いが生じて来ます。

それでは
「不労収入」にはどのような種類があるのか
書き出してみましょう。


1、貯蓄
もっとも一般的な方法に貯蓄があります。
月々いくらと金額を決めて銀行に預けておけば、
その銀行が倒産しないかぎり貯蓄は増えます。
この場合は、
老後にいくら必要か予め予算を組めば、
毎月の預金額が決まりますので簡単です。


2、保険
万が一の時の為に安心です。
各保険会社で扱っている保険により、
様々な場合に保険金を受け取ることができます。


3、マンションやアパート経営
オーナーになれば、
マンションやアパートの家賃による
不労収入を得ることが出来ます。
ただし、
家賃収入を得る為の条件が必要です。

この場合は、不動産を所有しているか、
そのような不動産を所有する為の資金が必要です。

資産が無い場合には、
金融機関から借りて購入することも可能ですが、
貸してもらう為には、
その審査に通らなければなりませんし、
負債にならないように検討することが重要です。
予定の収入を下回るという問題が起きないように、
不動産業者に仲介してもらう事も可能です。
メンテナンスの必要が必ず発生しますので、
修繕費を念頭に置いておく必要があります。
(この修繕費は、住人の積み立てなど様々な方法があります。)
これらの管理は、
オーナーの仕事の1つになりますが、
自分でしたくなければ
管理会社に依頼する方法もあります。
その場合、
オーナーは自ら労働をする必要がない変わりに、
管理費用を支払う必要があります。

4、投資
投資は近年非常に増えて来ていました。
老若男女問わず大変な人気でした。
投資をする人達が増え続けた原因として、
年金問題の他に低金利が挙げられると思います。
種類としては、株式投資、
FX(外国為替証拠金取引)、
投資信託等があります。
専門家に委ねておく事も出来ますが、
自分で運用するなら
様々な分野の勉強が必要になって来ます。
この不況のおり、
頭を使えば逆転の可能性は大でしょう。
しかし、
成功する人達は3〜5%だと言われています。



以上の方法で、
資産を運用し、資産を増やし、
老後の収入源とする事が出来ます。

ですがこれらの運用には、
いずれも資金が必要です。


しかし
資産がなくても得られる不老収入もあるのです。


5、ネットワークビジネス
  (MLM)
ネットワークビジネス (MLM)は、
少ない資金で不労収入を得ること…が
出来るビジネスです。
しかし、
収入を得るようになる為には、
ネットワークを作り上げる必要があります。
そのために、
資金の変わりに時間という資本を使います。
時間は誰もが持っている資本です。
この時間と言う資本を上手に使えるかどうかが、
成功するかしないかの差につながります。
何よりも重要なのは、
健全なネットワークビジネス( MLM) 企業を
選ぶことです。

あなたに一番合った方法で
将来・老後に
ゆとりある生活を
送って頂きたいと思います。


ネットワークビジネスで海外への道 
posted by diamantring at 01:52| Comment(0) | 老後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: